平井 み帆(チェンバロ)

富山県黒部市出身。
5歳よりピアノを始め、桐朋学園大学附属子供の為の音楽教室で学ぶ。

桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。

1997年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと共に、CDも多数リリース。2007年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤に、2010年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナタ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。また、2011年発売の「イタリアへの夢U」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。

2013年には日本スペイン交流400周年行事として、アランフェスにてD.スカルラッティを中心としたプログラムのリサイタルを行った。

楽曲の様式と情感を的確につかんだ通奏低音への信頼も厚く、国内外の多くの演奏家と共演している。
また、古楽の枠にとらわれず、ジャズ、絵画、映像、ダンス等、他ジャンルのアーティストとも積極的に共作し、チェンバロの新しい世界を追求している。

富山古楽器セミナー・チェンバロ講師を務める他、各地でチェンバロやバロックの演奏理論の講習会も行っている。